看護師募集

新卒サポーターへのインタビュー

サポーターとして統一した指導をするために心掛けていることは?

OPE: お互いサポーター同士で情報共有することに重点をおいており、年度当初のナビゲーターからの方針を基に指導を進めています。
サポーター以外の看護師も把握できるようにファイルで進捗状況が分かるようにできることとできないことを明確にしたり、次回の目標を立てています。今回の手術の反省から次回の手術に向けての目標を具体的に立ててクリアできるようにファイルを使って書面で共有したり、サポーターが直接声掛けたりしています。

3F: 外科と内科とその他のケアミックスなので、色んな処置や技術を学ぶことが非常に多いので、まずはサポーターがマニュアルの周知をし、それに基づいた指導を徹底しています。また、1人1冊日々の振り返りノートを作っているのと、月単位での部屋の割り当て計画書を毎日毎回進捗状況に合わせ記入し、メンバーとリーダー全員に周知できるようにしています。

4F: サポーター以外の看護師も進捗状況を把握できるように、1年生に毎日振り返りノートを記入してもらい、サポートに付いた看護師も翌日の課題や次の日のサポートに付く看護師に申し送ることなどを記入しています。また、技術チェック表を用いて進捗状況を把握し、積極的に声をかけるように周知しています。

5F: 毎日の振り返りシートで学んだことや学習する課題などを記入してもらい、サポートに付いた看護師もできていたこと、できていなかったこと、次のサポートに付く看護師へ申し送ることを記入しています。自分がサポートに付いたときは必ず振り返りシートを確認し、前日担当していた看護師が出勤していたら、前回の状況を確認してから付くようにしています。特別注意して欲しい事は皆に周知できるようにメールで配信しています。

サポーティーとの信頼関係を深めるための対策や活動は?

OPE: OPEに付くと短時間で集中することもありますし、指導となると厳しく言わないといけないことも沢山ありますが、サポーティーとの距離が開くと指導しても怖いだけでは話が入ってこないと思います。私がマツエクしているので、マツエクとかボルダリングに一緒に行く計画をしていました。

インタビュア: 例えば午前中にすごく注意した場合、後半戦への切り替えはどうしていますか?

OPE: できるだけ休憩に行く前に午前中の話は終わらせたり、休憩時間を30分遅らせて被らない時間を作り本人の中で1回リセットできるようにしています。沢山緊張してしんどいことも抱えて午前中頑張っていると思うので、休憩時間中は手術の反省は基本的にはしないように心掛けています。

3F: 4月5月の関係の構築時期は患者さんの前以外ではあえて(下の)名前で呼んでいました。後は同じ勤務の時は一緒に食堂に行ったり、自分がリーダーをしている時でも業務開始時と終了時は必ず声をかけたり、振り返りノートを必ず確認して一言声をかけるようにしました。また、公私混同はさせないようにプライベートな話はこちらからは一切振っていないです。指導ではなく、「今日はどういうことで悩んだ?」というのから始め、相手から声がかかるような人間で居たいと心掛けています。

4F: LINEを聞いて研修があるときは「研修頑張ってね。」と連絡したり、アプローチしました。歳が1歳しか変わらないので、学生時代の話や休日の話を休憩中にしました。

5F: 私のサポーティーは物静かな感じなので、できるだけ声をかけやすいようにしようと思って、相談役になれているかは分からないですけど、上の先輩には言いにくい事もこの人になら言えるかなって立ち位置になれたらいいかなって思っています。
こっちからの声掛けは、できるだけ待つようにはしているのですが、タイミングを見て近くでそっと話したり、上の先輩と1年生の仲介役になれるようにしています。

新卒サポーティーへのインタビューはこちらからご覧頂けます。

ページのトップへ