看護師募集

既卒サポーターへのインタビュー

統一した指導をするために心掛けている事はありますか?

OPE: 統一した指導になるように、前回はどのような指導を受けたのか確認した上で、補助的に付け足したり、プラスで違う考え方もあるという事も一つの案として提示しています。それで本人のやりやすい方法を見つけて、次に繋げていければと思って指導しています。

4F: 入職時はペアで回り始めますが、ずっと同じペアで回っているわけではないので、前回ペアで指導してくれた人に進捗状況を確認するようにしています。また、本人にも困っている事はないか勤務が一緒になった時は、意識的に声を掛けて状況を確認するようにしています。

3F: 勤務上毎日フォローできないので、その日担当になってフォローしてくれた人に、その都度確認しながら指導を進めています。3階病棟はAチーム、Bチームに分かれサポーター会というのをしています。主にリーダー層の人、ナビゲーターフォローの人、師長、副師長で集まって進捗情報を発表し、全員が現状を把握できるようにし、足並みを揃えるようにしています。

5F: 同じ勤務の時は、状況を確認しながら指導しています。あとは、5階病棟もサポーター会をしているのでそこで情報共有を行ったり、本人の進捗状況の確認をするようにしています。

サポーターとして指導する中で困った場合の対処法はありますか?

OPE: 指導で困った際は、ナビゲーターや指導に当たっているメンバー、副師長、師長に相談をしたり、サポーター同士で話し合っています。例えば初めてつく手術で機械はこれを使いますと説明した時に、想像やイメージが出来ない場合にどのように指導したらイメージがつきやすいか、どういう資料を見せたら分かりやすいのか相談を行い、助言をもらいながら指導している状況です。

4F: 私も困った時は、師長、副師長、ナビゲーターに相談しています。サポーター会で進捗状況を話し合って、何か困っていることがあったらそこで答えを見出せるような話し合いをしていたので、特に大きく困った事はなかったです。

3F: 私のサポーティーはかなり経験のある方で、使っている電子カルテも一緒で、今いる病棟の状況に似たような病棟で働いていた人なので指導する上で困った事はあまりなかったですが、現在の状況や困っていることがあればサポーター会で相談し、助言をもらっていました。一人でサポートする訳じゃなくて病棟全体で計画を立てながら進めているって感じです。

5F: 私も先輩に相談したり、副師長とかも結構気にかけてくれていたのでそこで一緒に話しながらできたので、そんなに困った事はあんまりなかったです。サポーター会も定期的に開いて情報共有していました。

既卒サポーティーへのインタビューはこちらからご覧頂けます。

ページのトップへ